読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Niwatori’s diary

鶏がプログラミングをする時に考えてること。

開発の道草①

雑記 ゲームプログラミング

 

 

ゲーム作ってるんだけど、開発中に思ったや感じた、なんてことない一言をシリーズ化して書いていくことにした。

このくらいハードルの低い心持ちじゃないと、定期的な記事の投稿なんてできなさそうだし。

 

で、記念すべき第一弾。

 

自分はWindows、Unity、VisualStudioっていう感じの開発環境なんだけど、Macの方でXcode使う時となんか違う感覚を得た。

別に、ついこの間WIndowsでUnity開発始めました!って感じでもないんだけど、さっきなんとなく原因に気付いたので書いておこうかなと。

 

でまぁ、VSって、プログラマーが書いたコードに対してより最適な書き方を提案してくれる機能があるんだけど、これはなんか今まで「コードを書くだけ書いて気になった箇所の最適化や高速化の仕方を調べる」っていう自分の勉強のプロセスとは違って、まるで「自分が書いたコードを家庭教師の人に付きっきりで見てもらいながらコードを打ってる」みたいな状況だな、と思いました

 

つまり、独学でなんとかしていくというよりは、より正しい記述の仕方を先生に教えてもらいながら書いていく、っていう感じ。

 

でさらにいうと、その感覚を得たことは別に対して重要ではない。

 

というのも最近、AI関連の技術が進化が著しい中、自分は特に恩恵に与かる機会は特にないと思っていたけど、考えてみれば今回の様な形でエディターから思わぬ助言を受けて「へーこんな書き方できるんだ」って思った以上、やはり見えない相棒に助けられていて、AIというほど賢くはなくとも、少なからず自分はありがたいと思っている。

 

でも僕はメンバ関数の呼び出しにthisを付ける人なので、いくらいらないとはいっても勝手に半透明にされるとちょっと気まずい。

 

 

もう一つ書きたいことがある。最近やっとUnityの使い方が固まってきた。

特にUIと3Dオブジェクトの管理はすごく悩んでいて、どう管理しても簡単に抜け道が出来てしまう上にUnityの使い勝手の良さを殺すような実装しかできなくて辛かった。

でも「悩むのもいいけどとりあえず作ろう」という気持ちでいろいろ思考錯誤しながらもコード書いてたら、ふと良い感じに収まったので今後は開発のスピードも上がりそう。

結構わくわくしながらコード書いてます。